データ可視化の30のメリット

データ分析や可視化にあたり、「棒グラフ以上の何の価値があるの?」「経営層にデータ分析や可視化の意味を説明したいが難しい」と感じられていたり、周りに言われる人は多いです。

当社での経験上、パッと思いつくだけでデータ可視化のメリットは以下があります。

  1. 気づく力がつく
  2. 新しい発想がうまれる
  3. とにかくわかりやすくなる、わかりやすいと話が進む
  4. 傾向やパターンを把握できる
  5. 仕事の生産性が上がる
  6. 途方もない時間がかかっていた分析が一瞬で終わる
  7. 意思決定スピードを加速する
  8. 社内での評判を生み出しやすい
  9. 発信の影響力が高まる
  10. 発信に説得力が出る
  11. 知らないところで感謝される
  12. 他部署からも偶発的に良い相談がくる
  13. 情報交換がうまれる
  14. 表現力が磨かれる
  15. インプットの習慣がつく
  16. アウトプットの習慣がつく
  17. 新しいインスピレーションが生まれる
  18. 他者との会話を促進する
  19. ユーザーインタビューの勘所が身に付く
  20. 感性が磨かれる
  21. 同じデータを見て理解しようという動きが広がる
  22. 組織を動かせる
  23. 創造性が磨かれる
  24. 多角的な視点を取り入れなければならないことに気づく
  25. 調べる力がつく
  26. データの動きに敏感になる
  27. データの裏側にある背景に思いを馳せられるようになる
  28. メタ認知ができるようになる
  29. データになっていないものに想いを馳せることができる
  30. 大人数で共通認識をもたせることができる

      良質なデータ分析と可視化の具体的なアプローチは以下の記事でもご紹介しています。

      データ視覚化/ダッシュボードデザインを成功させるための95のチェックリスト

      お問い合わせ

      サービスに関するご質問や講演依頼など、お気軽にお問い合わせください。2営業日以内にお返事いたします。

      データをビジネスに活かす
      デジタル化/DX/データ活用の成功事例