みずほ証券/みずほ銀行(グローバルマーケッツカンパニー)様|個別フィードバック付きオーダーメイド研修支援(BI)

国内外のお客さまを対象に世界の金融商品やソリューションの提供を行っているみずほ証券/みずほ銀行グローバルマーケッツカンパニー様(以下みずほ様)ではDX推進・データ活用に力を入れており、データ分析ツールとしてBIプラットフォームを導入されています。

今回、当社はみずほ様に社内における更なるデータ活用促進に向けて、BI初級者向けのフィードバック型の研修を新入社員向けに支援しました。

研修を終えて、

  • BIツールを全く触った経験もないところから、2ヶ月でBIツールを用いたデータ分析や可視化を行えるようになった。
  • データ分析における視点や思考の仕方が身についた。実務へ応用していきたい。
  • フィードバックを通じてパッケージ型の研修では気付けない個々人の課題に気づけた。

と成果をご実感いただきました。今回、みずほ様に本研修の導入の背景についてお伺いしました。

BIツールの活用で非効率な業務を改善したい

【データビズラボ】以前はBIツールの研修を自社で実施されていたとのことですが、開始のきっかけはどのようなものでしたか。

【みずほ様】我々はマーケットに対峙する部門なので、市場動向、収益、リスクの分析・管理を始め、データを扱う多数の業務を抱えています。しかし、受領したデータを、一部マニュアルな手順で集計処理を進め、再度共有するといった非効率で時間の掛かる業務も各所に残存していることに課題を感じていました。

業務を効率化し、本業により専念するためにも、データ加工・分かりやすいダッシュボード化・共有がシームレスにかつ自動化も可能なBIツールを普及させ、各現場で活用できる人材を育てることで課題を解決しようと企画しました。また、実課題を解く体験を通じ、要件定義やシステム開発の流れを理解して、この先IT部門ともスムーズなやり取りができるITリテラシーを身に付けることも目的にしています。

研修の内製化には多くの苦労があった

【データビズラボ】研修を進める上で苦労された点はありましたか。

【みずほ様】当初はゼロから社内で研修の企画を行っていましたが、いくつかの点で非常に苦労をしていました。

  • 通常業務と並行しての研修コンテンツの作成
  • 技術的な話だけでなく、研修としての知見や工夫が求められること
  • 事前準備や課題への丁寧なフィードバック提供のリソース確保

    DXの推進役として担うBI知見のある者の役割が日に日に大きくなり、物理的にリソースをさけなくなったため、現実的かつサステナブルな形での研修のあり方を考えました。

    決め手はニーズの理解力と提案力

    【データビズラボ】当社に研修をご依頼いただいた決め手はどのようなものでしたか。

    【みずほ様】最も我々の方針やニーズを深く理解し、多様で柔軟な提案をいただきました。パッケージとしての研修用コンテンツではなく、我々のニーズに合わせて細かくカスタマイズしていただけた点が、依頼した決め手でした。また、技術的なスキルの話にとどまらず、データ分析や可視化に対する考え方など、マインド面の教育まで研修内容に含まれていた点も非常に魅力的でした。

     

    データビズラボ代表・永田&執行役員・柏

    フィードバックの丁寧さが際立っていた

    【データビズラボ】当社の研修で評価していただけた点はどのようなものでしょうか。

    【みずほ様】各講義で行われる課題に対するフィードバックが素晴らしかったです。BIツールの使い方や機能を習得するだけであれば動画教育コンテンツ(レディメイドの動画)で十分です。しかし、実践的なスキルを身に着けるためには、模範解答の提示や機能の操作だけを教えてもらう汎用的な研修だけではなく、以前の自社研修で実施していた受講者のレベルと思考に合わせたフィードバックが入るオーダーメイド型であることを重視しており、それを実現いただきました。御社の研修は、1人1人に対し丁寧にフィードバックの設計がされており、その丁寧さは我々の期待を上回り、受講者自身も研修をやらされている感がなく自発的に取り組んでいました。

    分析スキルとデータ活用マインドの両輪で取り組むことが重要

    【データビズラボ】これからデータ活用に取り組む企業や今後の展望を教えてください。

    【みずほ様】現在は、特定の社員が知見を持つのではなく組織としてデータ活用の基盤を作っていく段階にあります。その中で、ツールに対するスキルだけでなく、データ活用に対するマインドも醸成していくことが鍵になると考えています。今回は若手向けに研修を行いましたが、ミドル層がBIツールをより使えるようになり、データ活用に対するマインドを身に着けることができれば、組織としての可能性がさらに広がっていくと考えています。

    おわりに

    今回のクライアント様のように、当社のBI研修ではチャートの作成に限らず、データ分析・可視化に関する様々なアウトプット、分析・思考フローに対して研修をさせていただくことが可能です。機能を知るだけの研修で終わらせないためには、最初の段階で専門家による質の高い学習を行うとともに、自ら学習を行いながら実務に活かしていく姿勢作りや、データ分析の重要性を実感できるようにすると、単に機能を知るだけの研修よりも、はるかに大きな効果が出ることが多いです。

    BIツール活用人材の育成や、組織へのデータ活用普及に課題を感じられている企業様はぜひ弊社までお問合せください。

    ※この記事は2022年12月に実施された内容をもとに作成されました。

     

    また当社では、「データ視覚化/ダッシュボードデザインを成功させる95のチェックリスト」等、多くのお役立ち資料を公開しています。質の良いデータ分析や可視化を構築する上で意識すべき項目は数多くあります。ぜひお役立てください。

    無料お役立ち資料配布中

    資料一例

    • データビズラボ 会社紹介
    • 「Tableau Certified Associate」合格へ向けたオリジナル問題集
    • データ視覚化/ダッシュボードデザインを成功させる95のチェックリスト
    • DXの羅針盤 ーよくある19の質問に回答ー
    • 組織のデジタル化マニュアルガイド

    会社説明資料95のチェックリスト

    お問い合わせ

    サービスに関するご質問や講演依頼など、お気軽にお問い合わせください。2営業日以内にお返事いたします。

    ビジネスの成果にこだわるデータ分析支援
    データ分析/活用にお困りの方はお気軽にお問い合わせください
    ビジネスの成果にこだわるデータ分析支援
    データ分析/活用にお困りの方は
    お気軽にお問い合わせください
    お役立ち資料