不動産領域のデータ分析/可視化に関わる支援事例

不動産領域のデータ分析/可視化に関わる支援事例です。
データビズラボでは、お客様のビジネスでの意思決定に関わる判断材料を、データ分析や可視化によってご提供いたします。
不動産領域で以下のようなお悩みを抱えるお客様は、ぜひ私たちまでご相談ください。

  • 空き部屋を発生させたくない
  • 自社で収益予測を行うのは難しい
  • 不動産に関する情報が多すぎてどのような分析が行えるのかわからない
  • 物件周辺地域の将来価値がよくわからない
  • 土地・建物を所有しているが、建て替えか売却で迷っていて、決められない

不動産領域のデータ分析/可視化に関する支援

不動産領域のデータは自社で保有するデータ(ファーストパーティデータ)以外のサードパーティデータを活用することで質の良い示唆がうまれます。

保有・運用している不動産の種類や状態、テナント特性に合わせたデータ収集や調査が不可欠です。データビズラボでは、お客様のご状況にあわせてプロフェッショナルがさまざまな観点で精緻にレビュー・把握し、必要なデータや最適なアプローチを複数パターンでご提示します。

調査から分析まで3ステップのご支援

お客様の不動産領域における課題解決のため、当社ではご状況に合わせて調査から分析、判断に至る材料をデータで提供します。

STEP1:調査

  • デスクトップリサーチ(公開情報の集約)
  • 行政データを用いたマーケットリサーチ(以下使用データ例)
    • 総務省:総合統計データ(人口・世帯、住宅・土地、地域など)
    • 経済産業省:産業分析レポート
    • 厚生労働省:人口移動、世帯変動に関するデータ
    • 国土交通省:地価公示、都道府県地価調査データ
    • 各都道府県地図情報(用途地域、人口総数、人口密度、人口密度増減率、世帯総数、人口増減率など)

STEP2:分析

  • 行政データを用いた高度な分析
    • 周辺地域の今後20年における地価の推移予測(例)
    • 周辺地域の家賃相場、今後10年の推移予測(例)
  • その他外部データによるデータ分析

STEP3:可視化

  • 探索的分析と可視化
    • 周辺テナントの業種・業態の可視化
    • 売却と買い替えの場合の収益シミュレーション
    • 任意の時点における不動産売却額予測のシミュレーション

よくある質問

不動産領域のデータ分析/可視化について、特に多いご質問と回答を以下紹介いたします。他にご不明な点などございましたら、問い合わせメールフォームよりお尋ねください。

Q分析結果の納品だけでなく、意思決定のための判断材料となるようなアドバイスまでしていただくことは可能ですか?
Aもちろん可能です。分析結果に基づきご提案をいたします。
Q「STEP2:分析」の「外部データ」とはどのようなデータですか?
Aリサーチ会社や調査機関などが販売しているデータを指します。これらのデータを使った分析/可視化は、別途データ費用がかかりますので、詳細はお尋ねください。

お問い合わせ

サービスに関するご質問や講演依頼など、お気軽にお問い合わせください。2営業日以内にお返事いたします。

データをビジネスに活かす
デジタル化/DX/データ活用の成功事例