DX推進を成功に導くための鍵と具体的なステップをわかりやすく解説

「わが社もDXを導入せにゃアカん、何を、どこまで、どのようにするか、オマエ、調べてこい」と偉い人から今まさに命ぜられている状態の人も多いでしょう。

この記事では、デジタルトランスフォーメーションに関連する講演やセミナーを200回以上させていただいてきた私が、デジタル領域にいらっしゃらない方にもできる限りわかりやすくデジタルトランスフォーメーションを解説する記事です。「デジタルトランスフォーメーション(DX)」という言葉を雑誌やメディアで見ない日はなくなりました。そのような時に、今更「デジタルトランスフォーメーションって何?」「推進するためにどこから始めたらいいの?」と周りに聞けない方も実際多いでしょう。

そこで、漠としたデジタルトランスフォーメションを理解いただくため、豊富な事例を入れたり、多くの側面からできる限り噛み砕きわかりやすく解説しました。最後までお読みいただくと、デジタルトランスフォーメーションの何たるかを掴め、自社のデジタルトランスフォーメーションへの行動につながるものと信じています。


1.DX(デジタルトランスフォーメーション)とは?

デジタルトランスフォーメーションという言葉自体、まさに「デジタル(Digital)にトランスフォーム(Transform)する」ですので、「デジタルへの変換・転換」の意です。概念的な言葉であることから、デジタルトランスフォーメーションの定義は文脈や背景、組織で異なることも多く、全てに適用できる一義的な定義は実際難しいものです。しかし、実務上多く引用される経済産業省のDXレポートでは以下のように解説されています。

1-1.デジタルトランスフォーメーションとはビジネス自体をデジタル化することである

経済産業省『DX(デジタルトランスフォーメーション)レポート〜ITシステム「2025年の崖」の克服とDXの本格的な展開〜』では、以下のようにデジタルトランスフォーメーションの定義がされています。幹部資料として嫌という程見てきた方も多く、目が滑るかもしれません(笑)。しかしこれが、まさに「DXって何?」という人向けの最初に理解すべき定義とも言えます。

企業が外部エコシステム(顧客、市場)の破壊的な変化に対応しつつ、内部エコシステム(組織、文化、従業員)の変革を牽引しながら、第3のプラットフォーム(クラウド、モビリティ、ビッグデータ/アナリティクス、ソーシャル技術) を利用して、新しい製品やサービス、新しいビジネス・モデルを通して、ネットとリアルの両面での顧客エクスペリエンスの変革を図ることで価値を創出し、競争上の優位性を確立すること”

ここで記載されている「競争上の優位性」とは、単なる情報のデジタル化やプロセスのデジタル化にとどまらず、ビジネスモデル自体やビジネスの前提のデジタル化をはかるということに他なりません。

しかし、「競争上の優位性」がなければデジタルトランスフォーメーションと言えない、ということではなく、現在デジタル化につながる行動に踏み出していれば、それは広義的なデジタルトランスフォーメーションの第一歩を進めていると言って良いでしょう。

小噺:デジタルトランスフォーメーションの略がDTではなくDXである理由
「デジタルトランスフォーメーション」は、英語では「Digital Transformation」と書きます。通常アルファベットの略称は頭文字をとって略称にすることが多く、この例でいくとDTになるような気もします。しかし、デジタルトランスフォーメーションは、英語の「Trans-」を「X」で略称表記されると言うことから来ています。

2.DXの推進へ向けた4つのステップ

DXの推進の必要性は理解しているものの、具体的に踏み出せない企業は多いです。そこで、具体的にどこから始めたら良いのか・・・と悩む方へ向けて4つのステップを解説います。

参考:『デジタルトランスフォーメーションを推進するための ガイドライン (DX 推進ガイドライン)』

2-1.経営戦略・ビジョンの提示とゴール設定

「どのようにイノベーション、価値を生み出すことを目指すかを経営戦略・ビジョンとして提示されているか」という観点です。具体的にどのような経営戦略のもとDXを考えるのか?具体的にどういったゴールなのか?を考えなければ自己目的化してしまうためです。

『DX推進ガイドライン』では「失敗ケース」として以下が挙げられています。

  • 戦略なき技術起点の PoC は疲弊と失敗のもと
  • 経営者が明確なビジョンがないのに、部下に丸投げして考えさせている(「AI を使 って何かやれ」)

    時間を無駄にしないよう、経営戦略を明確に打ち出すことは必須になるでしょう。

    2-2.経営トップのコミットメント

    そもそもデータを活用することやデジタルトランスフォーメーション自体が「重要ではあるが明日どうにかなってしまう」というような緊急性の高いものではなく且つ成果がでるまでに時間がかかることであり、だからこそ後回しになりがちです。だからこそ、経営層・トップマネジメントの推進力や経営戦略・ビジョンの提示がないと、途中でぽしゃったりしてしまう可能性が高いのです。

    データ活用は結果が出るまでに時間のかかる取り組みです。ですので、そもそも短期最適化だけを考えている会社や短期ROIを追うことに焦点のある会社は、成功はほぼ難しいです。お金が勿体無いという考え方や小さく始めて育てるところまで待てなかったりするためです。

    その他、下記の観点でもコミットメントは重要になってくるでしょう。
    • 社内推進や能力開発など目に見えにくいことは支援されなければ継続しにくいから
    • データ活用は複数部署との連携が必須だから

    ですので、小さな成功を出しながら、経営層のコミットメントを得るフェーズに時間をかけるのは割に合うことが多いでしょう。経営層のコミットメントの重要性については拙著『データ視覚化のデザイン』でも強調しているところです。

    2-3.DB設計・システムの見直しと改修

    いわゆる「レガシーシステム(老朽化、ブラックボックス化されたシステム)」の抜本的な改修が必要な時代になっています。

    理由としては主に下記2点です。

    • レガシー化した複雑なシステムで維持費などに高コスト構造になっている
    • 古い言語ができる人材の供給不足で継承できない

    以下、DXレポート掲載のアンケート結果であり、8割の企業がレガシーシステムを抱えている(20年以上のシ老朽化されたシステム)と認識しています。

    ▼「約8割の企業がレガシーシステムを抱えている」

    ▼「約7割の企業が、レガシーシステムがDXの足かせと感じている」

    「現在あるもので動いているから問題ない」という認識から脱却し、現代的なシステムへ抜本的に改修していく必要があります。そうしなければ効率的・効果的なデータ活用が行えず、複雑な課題にデータを使って解決していくことは難しくなります。

    システム投資を怠っているツケは突然現れるものです。

    2-3.IT/デジタル人材の確保と育成

    デジタルトランスフォーメーションは、デジタル部署を作っても実際何をどのように進めればわからない、という部分で何も出来なくなっている、ということが実は多いものです。そのためにも、これからスタートするにあたっては、プロフェッショナルの旗振り役を外部の力で借りてまず軌道にのせる、というのは良いアプローチで、うまくいっている多くの企業でこのようにされています。

    一般的に、「育成」には相応の時間がかかります。かといって、外部から新たに採用しても、組織を理解するにも時間がかかり立ち上がりがスピーディに行く保証はありません。ですので、もしDXの初期フェーズでしたら、外注でスピーディにブーストをかけ、その後体制が整ってきたらうまく離陸していくというのはよくある一つの手です。今いるメンバーも育成しつつ、外から新たに採用したり、外部の力も借りるのが一般的に効率的で良い手です。


    4.まとめ

    デジタルトランスフォーメーションは、ビジネスそのものの前提を変えるという意味で、”ビジネストランスフォーメーション”とも言えます。

    デジタルトランスフォーメーションはバズワードでありますが、バズワードで終わらせないためには「覚悟」が必要です。何に対する覚悟かというと、時間とお金に対する覚悟です。本当の意味でのデジタルトランスフォーメーションを推し進めるためには単にツールを導入するのではなく組織改革やマインドチェンジが必要です。その意味で、時間もお金もかかるということです。

    DX推進で競争力を上げ、確実に成功に導きましょう。

     

    無料EBook:DXの羅針盤−よくある19の質問に回答-

    デジタル戦略を考えようとしても、「自社のデータ活用に悩んでいる」「何からやればいいのかわからない」「新しく新設したデジタル戦略室に配属された」などお悩みの方は多いでしょう。
    そこでこの冊子では、DXやデジタル領域でよくある19の質問にデータビズラボ代表永田が詳しく丁寧に回答しています。

    データ活用・デジタルトランスフォーメーション(DX)の大方針ともなる羅針盤としてご活用していただけるものと信じています。

    お問い合わせ

    サービスに関するご質問や講演依頼など、お気軽にお問い合わせください。2営業日以内にお返事いたします。

      お名前【必須】
      メールアドレス【必須】
      希望するサービス
      ご希望の納期【必須】
      詳細

      データをビジネスに活かす
      デジタル化/DX/データ活用の成功事例