一橋大学にて「データ分析とデータ視覚化のための言語化特訓」講義

一橋大学講義風景

10月28日一橋大学にて代表永田が講義させて頂きました。

本講義では、下記に触れました。

  1. 課題解決のプロセスをおさえる(いきなり結論に飛ばない。ステップを踏む)
  2. フレームワークで考える(目についた情報からいきなり結論を出しがち。まず判断・説明をするための必要十分なポイントを考える)
  3. 丁寧に言語化する(言語化しないと数値化できない)
  4. 演繹法と帰納法

お問い合わせ

サービスに関するご質問や講演依頼など、お気軽にお問い合わせください。2営業日以内にお返事いたします。

データをビジネスに活かす
デジタル化/DX/データ活用の成功事例