RPAのUiPath、BIツールTableauとの連携/統合を可能に

RPAのリーディングカンパニーであるUiPathは5月11日(米時間)、アナリティクスプラットフォームであるTableauと機能の連携を発表。


1.UiPath/Tableauの連携でさらに高速な処理、さらに迅速なアクションを実現

今回の連携・統合により、データやインサイトを即座に取得可能にし、Tableauのレポート/ダッシュボードをダイナミックなアクションセンターに変え、組織内のあらゆるビジネス機能の自動化を容易にするとのこと。

UiPath Activity for TableauはTableau APIを使用しており、UiPathロボットはTableauから関連するデータを抽出し、UiPathオートメーションで使用することができます。さらに、UiPathは「UiPath Connector for Tableau」を作成し、Tableauのレポート/ダッシュボード内で直接自動化を開始できる。


2.複雑なコーディングをせず自動化を実現

連携により、Tableau上での「ドラッグ&ドロップ」での操作でUiPath上での自動化を実現。意思決定のシンプル化をさせるためデータ分析の一部として自動化を実装することが可能になったとのこと。以下、UiPath公式ページより引用。

参考UiPath Announces Integrations with Tableau to Transform Dashboards into Dynamic Action Centers』

“Incorporating enterprise data into an automated workflow can truly transform the way people work with data,” said Francois Ajenstat, chief product officer at Tableau. “The new integrations with UiPath unlocks the power of data by automating and simplifying repetitive tasks, enabling organizations to make faster, data-driven decisions.”

データと自動化されたワークフローの統合は、人がデータを使って仕事を進めるような変換を促すだろう。何度も繰り返されるタイプのタスクをシンプルにし、自動化を進め、データの力を解放させてくれるようになる。それにより会社がより迅速な意思決定ができるようになる。(日本語訳:永田)

Francois Ajenstat,Tableauチーフプロダクトオフィサー

“Automation from within leading enterprise offerings and tools, such as Tableau, is core to our vision of helping companies on their journey to the fully automated enterprise,” says Ted Kummert, executive vice president of product and engineering at UiPath. “Our integration with Tableau empowers companies to extend the scale and efficiency of automation across their business by combining the power of data and insights with UiPath robots.”

Tableauのような主要なエンタープライズ製品やツールの中での自動化は、完全に自動化されたエンタープライズへの道を歩む企業を支援するという当社のビジョンの中核をなすものです。”Tableauとの統合により、データとインサイトのパワーをUiPathロボットと組み合わせることで、企業は自動化の規模と効率をビジネス全体に拡大することができます。(日本語訳:永田)

Ted Kummert,プロダクト&エンジニアリングエグゼクティブヴァイスプレジデント


3.活用幅は無限

この統合による活用幅は無限大になるでしょう。以下は今回の統合を活用した例。

  • 在庫アイテムの購入リクエストをダッシュボード内で直接自動化が可能(サプライチェーンマネジメント)
  • ITサービスマネジメントのTableauダッシュボードから離れずに、UiPathロボットを起動してインシデントを調査することが可能

 

無料EBook:DXの羅針盤−よくある19の質問に回答-

デジタル戦略を考えようとしても、「自社のデータ活用に悩んでいる」「何からやればいいのかわからない」「新しく新設したデジタル戦略室に配属された」などお悩みの方は多いでしょう。
そこでこの冊子では、DXやデジタル領域でよくある19の質問にデータビズラボ代表永田が詳しく丁寧に回答しています。

データ活用・デジタルトランスフォーメーション(DX)の大方針ともなる羅針盤としてご活用していただけるものと信じています。

お問い合わせ

サービスに関するご質問や講演依頼など、お気軽にお問い合わせください。2営業日以内にお返事いたします。

データをビジネスに活かす
デジタル化/DX/データ活用の成功事例