社員インタビュー|山口紘


Q1.なぜ、データビズラボに?

コンサルティングに興味があったことと、多様な会社がある中で当社が特に楽しく働けそうだと思ったことが理由です。

人に自分の知見や思考を伝えたり教えたりするのが好きな性格なため、転職活動をスタートした段階でコンサルティング業界を志望していました。当社は多様な業界の企業と取引があり、様々な相手と対話する機会があると思い、強く惹かれました。

また、私は自分の裁量を持って、多くのことにチャレンジできる環境で楽しみを感じます。当社はコンパクトなファームであり、面接でも「幅広い業務に関わるチャンスがある」ということを伺ったので、そこも興味を持ったポイントです。


Q2.普段どういった仕事をしていますか?

私の仕事を一言で表すと、データとビジネスを繋ぐことです。

企業のビジネス側とデータを扱う側の双方の悩みに対し、課題解決の支援をしています。ビジネスサイドの悩みとしては、例えば「データをどう活用したら良いのかわからない」というものがあります。このような場合には、データ活用の戦略設計などのご支援をさせていただきます。一方、データを扱う側は「データを分析できる環境を整えているものの、社内にデータ活用文化が広がらない」という悩みを抱えている場合があるので、データ分析に関する社内研修や使いやすいダッシュボードの実装といったご支援をさせていただきます。

このように、データとビジネスの両面に知見を持ったプロフェッショナルとして企業の課題解決を支援するのが私の仕事です。

これまでに携わってきた案件の一つ、日本テレビ様とのインタビュー記事です。

この案件では、主にコンテンツの視聴に関するデータの分析企画設計や可視化をご支援しました。

日本テレビ放送網株式会社様|徹底したアジャイル発想とミッションの共有で”データを見る文化”を醸成


Q3.働くやりがいや魅力は?

自身の仕事に対してクライアント様から高い評価をいただいた時にやりがいを感じます

例えば、自分が提案した分析・可視化手法に対して「このような方法があるのですね」と驚きの言葉をいただいた際や、制作したダッシュボードに対して「見やすくて良いですね、これなら使いやすそうです」といった感動の言葉をいただけた際に達成感を得ることができます。もちろん、クライアント様からは大きな期待をかけられ、プレッシャーを感じることも多いです。しかし、その期待以上の価値を提供し、クライアント様の課題解決に貢献できた際にはとても大きなやりがいを感じます。

このように、クライアント様に誰よりも近いところで課題解決に貢献できること、そして、その仕事に対する評価を直接いただけることがこの仕事の魅力です。

クライアント様のご要望を丁寧にくみ取り形にするまでに、何度もラフスケッチを繰り返します。こういった地道な思考の積み重ねが本質的な課題解決につながると考えています。


Q4.データビズラボの会社の雰囲気や特徴的なところは?

私が思う当社の特徴は、圧倒的なスピード感です。

自分のアウトプットに対してどんどんフィードバックをもらい、高速でPDCAを回していくことができます。議事録や提案資料、ダッシュボードなど、日々業務に従事する中でさまざまなアウトプットを作成します。それに対する社内のフィードバックは当日、早ければ数時間後にいただけることもあります。そのような環境のため、他社ではありえない早さで成長していくことが可能です。

スピード感についていくために気を付けていることは色々ありますが、一つあげるとすれば常に到達点を意識することだと思います。到達点を明確にし、そこまでの最短ルートを描くことでスピードを最大化できます。

これだけを聞くと非常に厳しい環境と思われるかもしれませんが、わからないことや不安なことを、すぐに聞くことのできる雰囲気もあります。メンバーは皆親切で、すぐに丁寧に対応してくれます。ここでも素早い対応は変わりません。

超ハイスピードで成長できる厳しくも温かい環境。それが弊社の特徴であり大きな魅力であると思います。


Q5.自分の成長を感じる瞬間は?

自分の成長を感じる時は、人に教えられるようになった時ですかね。ツールの使い方や仕事の仕方など、以前は自分が手探りで行っていたことを新しく入ってきたメンバーに教えられることができるようになった時は、成長したなと思います

成長するために意識していることは、真似することですね。当社は優秀な人間が揃っていますし、クライアントとして関わる方も非常に優秀な方が多いので、良い部分を取り入れていくことでスピーディに成長していけると思います。
あと最近結構良いと思ってるのは振り返りです。毎日一人KPTをしています。


Q6.採用強化をしていく中で、どんな人と働きたい?

本気で他者の役に立ちたいと思っている人です。

コンサルティングにおける大きな価値は、本質的な課題解決だと思っています。そのため、ただ自分がやりたい領域をやるだけではなく、ただ指示されたことだけを行うだけでもなく、相手にとって価値があることは何なのかを本気で考え、実践できる人と一緒に働きたいと思います。目の前の解決策に飛びつくのではなく、課題の本質を考え抜けるメンバーがさらに増えていけば、よりハイレベルな会社になれると思っています。


Q7.データビズラボを志望される方へのアドバイス

当社に興味を持ったら、ぜひ応募してみていただけたらと思います。当社の選考では、コンサルティング経験を問いません。私も含め、多くのメンバーが未経験からの入社です。安心してぜひご応募ください。もし機会があれば、面接でお会いしましょう。

 


Q.8 カジュアルに一問一答!

一問一答で、データビズラボや山口さんの趣味などを聞いてみました!

Q1 データビズラボで身に付けられる/必要なスキル
A論理的思考力
Q2目指している姿
A可視化のスペシャリスト
Q3データビズラボを四字熟語で表すと?
A電光石火。この質問を受けて四字熟語を探していたら一番ピンときました。データビズラボのスピード感をよく表していると思います。
Q4  趣味や息抜き
A筋トレと、妻と過ごす時間。筋トレは、特に肩回りの筋肉、三角筋を鍛えるのが好きです。データだけではなく自分のビジュアライゼーションも常に良くすることを心掛けています

山口 紘(やまぐち・ひろ)

データビズラボ株式会社コンサルティング部シニアコンサルタント

東京理科大学大学院  理学研究科 卒

新卒で化学メーカーに入社。生産技術部門にて、工場のデータを活用した製造プロセスの保守・改善業務に従事。当社ではビジネスコンサルティングや企業研修講師、データ分析・可視化を担当。


採用情報

中途採用職種・募集要項
詳細はこちらから

【23卒・24卒対象】新卒採用
詳細はこちらから

お問い合わせ

サービスに関するご質問や講演依頼など、お気軽にお問い合わせください。2営業日以内にお返事いたします。