データ分析のためのクリティカルシンキング研修

「今、一番優先して解かなければならない問題はなにか?」「問題解決のどのプロセスで今自分はデータを使っているのか?」
​データ分析やビジュアライゼーションで忘れがちな思考の技術について学びます。


データ分析のためのクリティカルシンキング研修

多くの仕事がそうであるように、データ分析も「問い」からスタートします。根本的な問題設定自体がブレていると、それ以降の全ての工程をいくら完璧に仕上げても、その努力は全て無駄になってしまいます。

昨今の「データ」への注目度の高さから、多くの企業様が、「なんとかデータを使わなければいけない」「他社に負けずデータ活用しなければならない」「なんとかしてデータからインサイトを出さないといけない」と思っています。
しかし、その思いが先走ってしまい、「そもそもその問題が、解くに値する問題なのかどうか?」
「今、一番優先して解かなければならない問題はなにか?」「問題解決のどのプロセスで今自分はデータを使っているのか?」というクリティカルに重要な問いは、多くの場面で忘れられがちです。

このクラスでは、そのような状況を少しでもチューニングできるよう、ズームアウトして「今何を考えるべきか?」
を考える、グループ議論ありのインタラクティブなクラスです。

大まかな内容は以下の通りです。

こちらの講義の事例も、参考にしていただけます。

一橋大学にて「データ分析とデータ視覚化のための言語化特訓」講義

お問い合わせ

サービスに関するご質問や講演依頼など、お気軽にお問い合わせください。2営業日以内にお返事いたします。