事例/Tableauハンズオンセミナー【4時間で基礎知識とビジュアライゼーションテクニックをインプット】

本記事は船舶機器トップメーカーである古野電気様に当社が提供させて頂きました「Tableauハンズオンセミナー」の事例紹介です。

古野電気様ホームページ

当社ではデータに関わる様々な企業向け研修・トレーニングを提供しています。この度古野電気様にはTableauを使ったトレーニングをご支援させて頂きました。

 

下図は、当日使用した教材資料の一部抜粋です。

色の使い方イメージ

研修を実施した背景

船舶機器のデータ分析をはじめ、原価計算、IT、内部監査など、多くの部署で経営判断にデータを活用されている古野電気様。更なるデータ活用・展開に向け、ツールの習熟やビジュアライゼーションのテクニックについてあらためて学びの場を設けたいとご相談いただきました。

課題感と状況に合わせたコンテンツ設計のアプローチ

今回行った研修では、4時間(半日)の短期集中型で行う講義を実施しました。

古野電気様ならではのご状況や課題感を前提に最大限に学習効果を感じていただくため、下記のようなポイントでコンテンツ設計をしています。ツールの研修は決まり切った内容になりがちですが、標準的な内容を提供するのではなく、古野電気様に合わせてトレーニング構成をカスタマイズし、ご支援しました。

問題解決のアプローチ
  • 短時間でも実務的に”すぐに自分でも使える実感”を持っていただくよう、ハンズオンと融合させ、集中できる少人数制にし、ビジュアライゼーションテクニックも解説しました。
  • 1日まるまるを学習にあてるのは難しい状況から、半日(4時間)で濃密な内容を伝え、”使える実感”が持てることを目指しました。
  • 古野電気様の実業務をレビューし、「すぐに使える技」と「そうでない技」に振り分け、すぐ使える技だけに焦点をあて効率的な学習にしました。
  • 4時間の研修のうち、Tableauの実技的なハンズオンに加え、効果的なビジュアライゼーションテクニックの解説を随所に入れるよう工夫しました。
  • 当日初めて触る方もいらっしゃるため、基本的な操作説明をいれつつ、複雑なテクニックは省きました。代わりに、初級者にも中級者の方にも役立つビジュアルテクニックを入れ、習熟レベルによらず楽しめるコンテンツを作成しました。
  • 概念(理論)とハンズオン(実技)、バランスよく配分させ、短時間で深い理解と使える知識の取得を目指しました。

お客様の声

セミナー後は、下記のようなお声を頂きました。

長時間に渡り、丁寧な講義をありがとうございました。初心者にも非常に分かりやすかっただろうと思います。(IT)

とても勉強になりました。基本を押さえつつ、まずは、触れる機会を増やすことが大事だと思っています。(船用機器事業)

色の取り扱いやグラフ作成時の注意点は、今からでも使える大変有意義な情報でした。(IT)

理解せずに適当に操作していた部分も多くありましたので、一から学べてよかったです。(IT)

最初から細かい画面項目まで説明頂き、知らないことが多数あることに気づきました。(IT)

Tableauに慣れていないこともあり、作りたい図にならず、苦戦していましたが、今回のセミナーで基礎知識を学べたので、実務で活かしたいと思います。(ソフトウェア)

 

[ プロジェクト概要 ]

クライアント名古野電気 様
URLhttps://www.furuno.co.jp/

 

 

データのことなら、高い技術力とビジネス知見を融合させる私たちにご相談ください。

データ分析/データビジュアライゼーション/データ基盤コンサルティング・PoC支援に加え、ビジュアルアナリティクス、ダッシュボードレビュー研修、役員・管理職向け研修などのトレーニング、組織に根付くデータ活用戦略立案の伴走をしています。

データビズラボ・オンラインサロン

PATHコーポレートサイト

事例紹介

会社紹介資料ダウンロード

私たちのサービスをご検討中のご担当者様のために、サービスの詳細や実績、他社サービスとの違いをまとめました。

導入の意思決定の材料として、もしくは上司の方への提案材料としてご活用ください。

 

 

 

 

お問い合わせ

サービスに関するご質問や講演依頼など、お気軽にお問い合わせください。2営業日以内にお返事いたします。

お名前【必須】
メールアドレス【必須】
希望するサービス
ご希望の納期【必須】
詳細